女性の薄毛の原因とは?

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性男性型脱毛症(FAGA)って何?

 

「男性型脱毛症(AGA)」というのを聞いたことがあるでしょうか?

体内での男性ホルモンの影響が大きくなり引き起こされる脱毛症です。

 

かつては男性のみに起こる症状とみられていたため「男性型脱毛症(AGA)」と言われています。

 

しかし、女性の体内でも男性の10分の1程度と微量ながら男性ホルモンは生成されています。

この男性ホルモンの影響によって女性にも引き起こされるのが「女性男性型脱毛症(FAGA)」です。

 

原因は、ストレスや食生活、生活習慣の乱れによるホルモンバランスの崩れです。

 

「女性男性型脱毛症(FAGA)」は、近年20代、30代前半の女性でも増加傾向にありますが、

特に、40歳前後の女性に多く見られます。

 

これは、加齢によって女性ホルモンの分泌が少なくなり、相対的に男性ホルモンの量が増え、ホルモンバランスが崩れやすくなることも要因となっています。

 

女性男性型脱毛症(FAGA)の特長は?

 

「男性型脱毛症(AGA)」では、おでこの生え際や頭頂部が目立って薄くなってくるのに対し、「女性男性型脱毛症(FAGA)」男性よりも男性ホルモンの少ないためその影響は男性ほどはっきりとは現れません。

 

分け目が目立ってきたり、全体的に毛髪が細くなり頭部全体が薄くなるなど、脱毛部との境界がはっきりとしない症状がほとんどです。

 

女性男性型脱毛症(FAGA)の対処法は?

 

ホルモンバランスを整えることがまず大事です。

 

そのためには、ストレスの軽減、バランスの良い食事、十分な睡眠が必要です。

 

「ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、亜鉛」などの髪の毛に良いとされる栄養素を十分に摂取するのも良いでしょう。

 

AGA外来というものもあり、「ミノキシジル」を処方される場合もありますが、抗ホルモン剤である「プロペシア」は女性には処方されません。

 

妊娠中の女性などがプロペシアを使うと胎児の生殖器に異常を起こすなどが大変な副作用のリスクがあるからです。また、閉経後の女性に処方した例では、発毛効果は認められなかったという結果が出ています。

 

「女性男性型脱毛症(FAGA)」は男性に比べ女性の男性ホルモン量が少ないことから、「男性型脱毛症(AGA)」よりも比較的治療が容易であるとされています。

薬に頼らなくても、生活習慣の改善のみで治癒するケースも多くあります。

 

 

 

女性の薄毛の原因とは?

女性の薄毛対策法

正しいシャンプーの仕方

ノンシリコンシャンプーとは

オススメ女性用育毛シャンプー