女性の薄毛の原因とは?

慢性休止期型脱毛症

慢性休止期型脱毛症って何?

 

「慢性休止期型脱毛症」も「びまん性脱毛症」のうちのひとつです。

 

髪の毛には「ヘアサイクル」というものがあります。

 

髪の毛が生え、成長する『成長期』約2~7年 髪全体の85~90%を占める

成長を終えた髪の毛が徐々に抜ける準備をする『退行期』約2~3週間 髪全体の10~15%

寿命を終えた髪の毛が抜け落ちる『休止期』約2~4ヶ月 髪全体の10~15%

 

慢性休止期型脱毛症」とは、このヘアサイクルが乱れ、本来まだ成長期であるはずの毛髪が休止期に移行し、『休止期』の割合が20%以上に増えてしまうこと、そしてその症状が半年以上続いている(慢性化)状態をいいます。

 

慢性休止期型脱毛症の特長と原因は?

 

「慢性休止期型脱毛症」は「女性男性型脱毛症(FAGA)」のように毛髪が細くなるのではなく、

そのままに密度が薄くなる点に違いがあります。

やはり、同じく、一部ではなく髪全体のボリュームがなくなったと感じられるようになります。

 

その原因は、ストレス、貧血、急激なダイエット、甲状腺機能の異常、糖尿病、内臓疾患などが考えられますが、はっきりとした原因は解明されていません。

「慢性」になる前の「休止期型脱毛症」であれば、原因が取り除かれれば、徐々に抜け毛は改善されていきます。

 

「慢性休止期型脱毛症」になるのは30代以上が多く、短い軟毛ではなく長い硬毛が抜けていきます。生え際ではなく頭部全体から抜けていくのが特徴で、症状はひどくなったり軽くなったりを繰り返しながら数年間持続しますが、極端に髪の量が減少することはありません。

 

慢性休止期型脱毛症の対処法は?

 

「慢性休止期型脱毛症」の場合には、様々な原因を併発している場合も考えられます。

 

原因を特定できた場合はその要因を取り除く対処療法になります。

 

また、「慢性休止期型脱毛症」では外用薬や内服薬での治療法も有効とされています。

 

 

女性の薄毛の原因とは?

女性の薄毛対策法

正しいシャンプーの仕方

ノンシリコンシャンプーとは

オススメ女性用育毛シャンプー